将来像
緑の風吹く健やかで暮らしよい文化圏 桜井宇陀
基本方向
・ 交流...人と人、人と自然、人と歴史文化が交流する圏域
・ 健康...世代を問わず、心身ともに健康で明るく生き生きと過ごすことのできる圏域
・ 連携...それぞれの市村固有の文化を生かしつつ、それぞれの課題を共有化できる圏域
ソフト事業の三本柱
・ 交流人口の活発化事業
・ 健康文化圏の形成事業
・ 課題解決のための調査、研究事業
短期的な五か年間の目標
住民・行政の意識が一致した強固な広域圏の達成
平成29年度事業
交流人口の
活発化事業
健康文化圏の
形成事業
課題解決のための
調査、研究事業
●広報紙発行
●観光探訪
●カレンダー発行
●観光紹介及び物産展
●ふるさと物産展
●周遊ルート整備事業
●桜井・宇陀フォトコンテスト
●木育フェスティバル
   in さくらい・うだ
●スポーツ教室開催事業
●情報発信事業


部 会 担 当 事業名 内 容 担当部署
広報部会 事務局 広報紙「みどりの風」発行 広域連合に対する理解や認識を深めてもらうために、広域連合の実施事業やイベント等について住民に必要な情報を提供する。(発行日 9月1日)
・「A4版、8ページ、37,500部、各戸配布」
広報担当
観光部会 曽爾村 観光探訪 観光資源をテーマに設定して圏域の再発見と流入人口の拡大に努め、魅力を伝えるため主要観光資源を巡る。 観光担当
事務局 カレンダー発行 圏域の恵まれた自然・文化財・寺社仏閣等、魅力ある圏域の情報を発信するため カレンダーを作成。
・作成部数 1,000部作成(公共施設、観光施設等に頒布、一部を希望者にも販売する)
桜井宇陀フォトコンテスト 圏域の優れた自然、文化財、行事の魅力を伝える写真を募集し、カレンダーやパンフレット、ホームページなどへの掲載を通じて 圏域の魅力を発信し、地域住民の交流の拡大と観光人口の増加を図る。
桜井市 観光紹介及び物産展 圏域外の人々が多く集まる場所において、圏域の特産品を一堂に集めた「ふるさと物産展」を開催し、圏域の観光PRを行う。
物産部会 桜井市 ふるさと物産展 圏域内の特産品の紹介と即売を行い、圏域の魅力を知ってもらう。 商工担当
文化部会 桜井市 木育フェスティバル in さくらい・うだ

圏域のさらなる繋がり・活性化を目指し、地域資源の活用と、住民同士の交流・連携を図ることを目的として行う。

企画担当
健康部会 桜井市
宇陀市
曽爾村
御杖村
スポーツ教室事業(サッカー) 健康づくりと地域の子ども達の交流をはじめ、地域住民の交流機会の拡大を図る。 社会体育担当
インターネット部会 事務局 情報発信事業
HPにより圏域の優れた資源を広く受発信し、交流機会の拡大を図ると共に、圏域づくりへの優れたアイディア提案を受け付ける等の交流活動をホームページにより行う。 企画担当
情報政策担当