菟田下県
(うだのしもつあがた)

『古事記』では、「踏み穿ち越えて、宇陀に幸でましき」、『日本書紀』では、「遂に菟田下県に達る。因りて其の至りましし処を号けて、菟田の穿邑と曰う。」とあります。遺跡の分布状況や文献等から、菟田下県は、伊那佐山(榛原)と西山岳(大宇陀)とを結ぶ東西ラインより南側、現在の菟田野と大宇陀・榛原の南半分と考えられています。その北側は、菟田上県となっています。