兄宇迦斯・弟宇迦斯
(えうかし・おとうかし)

菟田下県の豪族。『古事記』では兄宇迦斯、弟宇迦斯、『日本書紀』では兄猾、弟猾となっています。古墳時代にこの菟田下県を治める豪族が「エウカシ・オトウカシ」となって記紀に残ったのでしょう。
エウカシは、神武天皇に逆らい、亡くなってしまいますが、オトウカシは、神武天皇に従い、やがて、菟田県主となりました。近代でいう宇陀郡長です。また、オトウカシは、水を司る主水部の祖ともなっており、彼が本拠としたところには、今、宇太水分神社が祀られています。