かたらひ

 オトウカシがエウカシの企てを道臣命に語ったところといわれています。