いやのたに

神武天皇が矢を射ったところといわれています。