烏ノ塒屋山
(からすのとややま)

別名宇陀富士ともいわれています。大宇陀と現吉野郡吉野町との境界に位置します。竜門岳から東に延びる尾根に続き、槍の穂先状の鋭い円錐をみせる標高659.8メートルの山です。山名はこの山に烏が来て宿るという日常の事実や信仰に由来しています。神武天皇が八咫烏の導きによって熊野から宇陀に入ったとする記紀の所伝と関連して、「烏ノ塒屋」が神聖視されました。