男坂(おさか)

大宇陀にある半坂(半坂峠)にあてる説が一般的です。「男坂」が「ナンサカ」となり、やがて「ハンサカ」となったともいわれています。