墨坂
天ノ森(てんのもり)

榛原萩原にある坂、かつて墨坂神社が鎮座した「天ノ森」の周辺と考えられており、現在も「墨坂」という地名が残っています。『記紀』には、神武天皇が宇陀で戦いを繰り広げたときに敵軍が「墨坂」に焃(おこし)(すみ)が置いて人が通れないように炭火をおこしていたところとしています。また、壬申の乱(672年)においても墨坂で戦いが繰り広げられました。奈良盆地へと通じるこの墨坂は、古代から交通の要衝として重要な場所であったことから、幾度となく『記紀』に登場してきます。