大願寺

山号は薩埵山。真言宗御室派、本尊は十一面観音立像です。本堂は明治20(1887)の再建、鎮楼は享保7(1722)の建立です。境内の毘沙門堂は織田信武の建立で、堂内安置の毘沙門像は、元禄6(1693)室生山の大杉を用いて作ったといわれています。境内には仏足石があります。