西口関門

国史跡。宇陀松山城の西門。屋根をもつ門としては最も簡略なもので、角柱を二本立て、その上に冠木をおき、さらに腕木・桁をおいて切妻屋根を上げ、本瓦葺。また後方に控柱を立て本柱から繋貫を入れ、その上に同様な切妻屋根を上げています。城門らしくすべて黒塗とされ、黒門ともよばれています。このような門は、城下町の庚申橋および御殿橋付近の要所にもあり、拾生にも建っていたことは町古図によって知ることができます。