慶恩寺

松谷山菩提院と号する浄土宗の寺院で、本尊は阿弥陀如来像です。寺伝によれば、持統天皇の阿騎行幸を賜って堂宇としたのにはじまるといいます。文治2年(1186)、俊乗坊重源が東大寺大仏殿再興にあたり、伽藍指図の1/5の試みとして当寺を建立したとも伝えます。境内には、秋山城主碑や松山町出身の天誅組志士、林豹吉郎碑があります。