額井岳(ぬかいだけ)

標高816メ−トル。東西に支峰を従える円錐形の主峰は、大和富士とよばれています。支峯の東は、サガヒラ山、西をは大保山とよばれています。頂上には、水神を祀る小祠があり、千魃の時、麓の村々から雨を祈る「岳のぼり」行事が行われました。山の中腹南側に十八神社・額井という井戸があります。