八塚古墳
 矢塚古墳は全長約96m、後円部径約64m、後円部高は現状で約5mの前方後円墳である。現在前方部は殆ど見えなくなっているが、墳丘の西南部には復元長32mの前方部が確認されている。埴輪や葺石は無く、墳丘はすべて盛土で築かれているが、埋葬施設の構造は一切不明。第6次調査では、幅17〜23m、深さ約60cmの周濠が確認されており、導水溝と周濠の接続部付近からは庄内3式期(3世紀中頃)の土器群がまとまって出土しており、築造時期の下限を示すものとなっている。