勝山古墳
 勝山古墳は全長約115m、後円部径約70m、前方部長約45m、くびれ部幅26mの規模を有する前方後円墳で、前方部はやや長く直線的に開く形態を呈する。埴輪や葺石は無く埋葬施設の構造は不明だが、墳丘周辺の調査では幅約20m、深さ約1mと比較的浅い周濠が確認され、多量の遺物が出土している。これには庄内2式期(3世紀前半)を主体とするものと庄内3式期〜布留0式期(3世紀後半)を主体とする一群があり、築造時期にも諸説あるが時期の特定には決め手を欠く。