尾崎花地区の
巾着状絹製品
 纒向遺跡では数少ない絹製品である。第65次調査で検出された幅約2m、深さ60cmの溝遺構から出土したもので、所属時期は布留0式期新相(3世紀後半)。巾着は平織りの絹の布で包んだ後、□の部分は糸を束ねで僅かにねじっているだけの紐で結んでいる。大きさは高さ約3.4cm、厚みは2.4cm、内部に何か納められているかを調べるためレントゲン撮影を行ったものの、反応が少なく、有機質の物がおさめられている事以外は分っていない。