ホケノ山古墳
(国指定史跡)

         橿原考古学研究所提供 
 ノ山古墳は全長約80m後円部は3段集成で径約55m前方部長約25m前方後円墳でる。埴輪は持たないが、この古墳は向遺跡纒向型方後円墳中ではの葺石を有する古墳である墳丘周囲には幅10.5m〜17mの不の周濠状掘割が確認さているが、全周するは不明である。埋葬施設前方部東面と後円部検出されてい。前方部の葬施設は古墳完成後に葺石をはずして組合式木棺を据えたむので、大型複合口縁壷と広口壷が供献さた。後円部埋葬施設は中央から「囲い木槨」呼ばれ木材でつくられた槨の周囲河原石を積み上げて石囲を造るという二重構造をった埋葬施設が検出され、舟形木安置されていた。石囲槨という構そのは吉備や讃岐阿波丿番磨地域で見さものであり、ホケノ山古墳のに東部瀬戸内地域が大きな影響を与えている想定される。出土遺物くの二重口小型底鉢などの土器の他同向獣鏡1と破片化した内行花文鏡片や、素環頭大刀1を含鉄製刀類・鉄農工具多量の銅鏃鉄鏃など土しおり遺物埋葬施設の構観などから築造時期は庄内3期の3世紀中頃と考られてる。