諸佛出岳品
(七重石塔)
 大師堂の西側、木立のなかに不思議な雰曰気を漂わせる岩塊がある。かつて、室生火山帯の活動で噴出した溶岩が凝結したもので、その岩相が、多くの仏の出現された姿を思わせることからこの名がある。
岩上に七重石塔が祀られ、禁足地となっている。