修円廟
 五重塔の東北方に当って石段を上ったところに宝形造檜皮葺朱塗の小堂があり、その内に修円の五輪石塔が建っている。修円は承和2年(835)室生寺において没したものと思われる。