織田廟
(織田信雄廟)
 五重塔の東方に近く宝形造檜皮葺朱塗の木造履屋内に石塔がある。宇陀城主織田出雲守高長が万冶2年(1659)に室生寺を世話することになり、父信雄(常真)の普提料として年米五十石を当寺に納めてこの廟所を建てたらしい。