平成26年 桜井宇陀広域連合議会 第1回臨時会 報告

 

平成26年7月2日(水)午前10時15分から、桜井市議会議場において桜井宇陀広域連合議会第1回臨時会が開催されました。
 会議では、去る4月27日に執行された、宇陀市議会議員選挙に伴い、新たに桜井宇陀広域連合議員に選出された議員5名による議席の一部変更が行われました。
 なお、今期臨時会に付議された議案は、「監査委員の選任につき同意を求めることについて」の1件で、識見を有する監査委員の任期が7月20日をもって満了することに伴うもので、現監査委員である「中森和生」氏を再任することに同意されました。なお、委員の任期は4年間です。
 その後、桜井宇陀広域連合議会の役員改選に伴う選挙が執行され、議長には「中谷 誠」議員が、副議長には「東 俊克」議員が当選されました。
 また、議会選出による「監査委員の選任につき同意を求めることについて」が追加提案され、「藤井孝博」議員を選任することに同意されました。
今期臨時会に提出された全ての議案の審議を終え、午前10時48分に閉会されました。
なお、臨時会に先立ち、午前9時30分から、桜井市議会第1委員会室において全体協議会が開催され、今期臨時会の提出予定議案などについて協議をいただき、一部の事項について質問がありましたが、事務局からの答弁で了解いただきました。